自分に合ったウエディングドレスの選び方

女性なら誰もが一度は着てみたいウエディングドレス。自分に合った最高の一着を選びたいものです。

 


ウエディングドレスは式場で選ぶ場合や式場が提携しているドレスショップで選ぶ場合、個人的にショップで選んで持ち込む場合など、色々なレンタル方法があります。勿論、買い取る方もいらっしゃるでしょう。レンタルの場合ならば、値段的には式場で選ぶのが一番安いようです。ただ、式場によってはドレスの数が少ないことがあるので、式場のショップも含めて、複数のお店を回った方が良いでしょう。

 

 

ドレスは色デザインさまざまで、サイズも勿論あります。たくさんあって、どれから試着していいか選べないことも出てきます。前もって、自分の着たいデザインのものを頭で描いておくようにしましょう。例えば格式高い式場であるなら裾の長いドレスであるとか、式や披露宴のタイプに合ったドレス選びも必要です。また、自分の体の特徴もよく知っておくことです。肩にレースなどの目立つ飾りのあるドレスは、肩のラインが左右ぶれてない人にお勧めです。ちょっと右肩が左に比べて下がっている人などは、ものすごくアンバランスに見えてしまいます。上半身にボリュームのない人は、スカートだけやたらシフォンでふわふわしたボリュームのあるドレスを選んでしまうと、下半身太りに見えるので注意が必要です。

 

ウェディングドレスは式場とのバランスも大切!


この大切な一日にしか着ることの出来ない、ウェディングドレス。

 

 

自分の好みや体型で選ぶことに偏りがちですが、ウェディングドレスは式を行うチャペルや式場のタイプも考慮して選ぶことをお勧めします。
例えば、親族のみで行う小規模なレストランウェディングなら、狭い椅子の間を歩くことも考慮してゴージャスなトレーン(裾)のものよりも短いトレーンの方が合いますし、動きやすくなります。

 

 

反対に、大階段や広い披露宴会場のある式場では、シンプルなウェディングドレスでは場所に負けてしまいます。ある程度ゴージャス感のあるものを選んだ方がよいでしょう。特に、先ほど述べたトレーンに関していえば、大階段での長いトレーンは印象的で、ゲストの方のため息を誘うことが出来るでしょう。
もちろん、自分の肌の色によって純白のものや少し黄みがかったもの、自前のアクセサリーに合うものなどドレスを選ぶポイントはたくさんあるのですが、会場とのバランスでウェディングドレスを着た自分がどの程度映えるかは大切なポイントながらも見落としがちな部分なので、選ぶ際には忘れず考えてみてはいかがでしょうか。

ウェディングドレス選びはシルエットに注意


ウェディングドレスは女性の憧れなので、自分なりのこだわりを持つ人が多いですね。
ふわふわのフリルがたくさんついたものが着たいとか、総レースのドレスがいいとか、有名デザイナーのドレスにしたいなど希望があると思います。

 

しかしウェディングドレスは真っ白なため、膨張してみえてしまいます。
ボリュームがありすぎるウェディングドレスは太って見えてしまうというデメリットがあります。

 

ウェディングドレス選びで迷った時は、シルエットがきれいなドレスを選ぶといいですね。
試着は何着もする人が多いと思います。
その中でスタイルがよく見えるドレスを選ぶとかっこよく見栄えのいい新婦になれます。

 

またウェディングドレスは裾が床まで長いものがほとんどなので、腕やデコルテを隠すのではなく見せることですっきりした印象になります。
特に上半身はタイトなシルエットのものが痩せて見えるのでおすすめです。
自分の体形をよく理解して、長所が目立つようなウェディングドレス選びが成功のコツですね。

 

このサイトを訪問された方の中には、相手はまだいないけど、将来結婚する時の為に、ウエディングドレスはこんなんがいいな〜!と、
夢を膨らませる女性も多いと思います。
素敵な出会いを掴む為に、こんな婚活サイトを参考にしてみるのも、ありかもしれないですね☆
⇒ 婚活サイトwalk※ランキングと利用率でオススメのサイト

 

更新履歴